データラーニングギルド

トップクラスのスキル、経験、人脈が
手に入る分析人材コミュニティ

データ分析を学んでいく上で、こんな悩みありませんか?

  • データ分析人材としてのキャリアパスをどう描いて良いか分からない。

  • 気軽に話ができる分析業界の仲間が欲しい。

  • 分析を実践に落とし込む場所が存在しない。

  • どんな勉強方法や教材が良いのか、情報やコンテンツが多すぎて分からない。
  • 気軽に話ができる分析業界の仲間が欲しい。

あなたがこのページまで辿り着いたいうことは、データ分析に興味を持っている、もしくは業務で実施しているような方ではないかと思います。

データ分析のキャリアって、悩みますよね、、、

エンジニアやマーケターなどの他の職であればある程度キャリアパスやロールモデルが見えてきている状況がありますが、データ分析に関しては、まだまだキャリアが見えてこないというのが現状かと思います。

業界が浅いゆえに経験者も少なく、各業界に人が散らばっていて、会社の中のでデータ分析について相談できるような立場にある人は本当に一握りです。

いざ自分とおなじような境遇の人を探してみても、なかなか参考になる人が見つからないといった経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、データ分析を勉強する上で、理論を勉強して理解することはできても、次のステップである、実データを用いた課題解決の問題に進めないといった人も多く目にします。

当ギルドでは、そんなデータ分析人材が活躍できるようにするため、互いに情報を交換しながらキャリア構築をしていく環境、学習や仕事の獲得できる仕組み、実際の課題や実データなど、ありとあらゆるものを提供して行きます。



ギルドに入って分析人材の仲間を作ろう!



データラーニングギルドで手に入るもの

  • データ分析業務の一線で働いている人に対してデータ分析に関する質問がし放題
  • 一線で働くデータ分析人材との人脈が築ける
  • kaggleを始めとしたコンペに参加する際に一緒に参加する仲間が見つかる
  •  年収1000万円以上のフリーランスを目指すキャリアプランニングが学べる
  • データラーニングギルドのslack、広告出稿結果などの実データを使用して学習できる
  •  定期的にギルド内で開催されるコンペ企画に参加することで、実践的な分析経験が積める
  • インターン先やアルバイト先などの企業が見つかり、実務経験を積むきっかけになる
  • データ分析を学ぶ上での教材選定や情報の選定をサポートして貰える
  • 書籍の輪読会や企画に参加することにより、学習のモチベーションが維持できる
  • AWS、GCP、Azureなどの各種クラウドサービスを検証できる
  • 機械学習を始めとした高単価の分析案件を受けられる
  • kaggleを始めとしたコンペに参加する際に一緒に参加する仲間が見つかる

料金のご案内

プラン オンラインコミュニティ利用プラン
基本料金 4,980円
無料期間 将来的に有料化を予定しております
無料枠 無料枠を設定しているので、活動内容によっては無料での参加も可能です
無料期間 将来的に有料化を予定しております

無料枠の例

  • チャンネル企画者枠
  • ブログ、noteマガジン執筆枠
  •  オフ会企画者枠
  •  アクティブユーザー枠
  •  運営協力枠
  • コンペ参加枠
  • チャンネル企画者枠

料金設定について

データラーニングギルドでは、「基本有料+無料枠」というスタイルを取っています。まず4,980円という価格を設定したのは、以下のような理由からです。
 
 
  • 無料のコミュニティ、安価なサービスだと、人数たくさんいるのに投稿してもコメントが帰ってこない状況が生まれやすいので、それを避けたい

  • 1人あたりにかけられるコストを確保し、幅広くサービスを提供したい

  • アクティブで真剣にキャリア設計に取り組むメンバーに参加して欲しい

  • 飲み会1回程度の金額なので、捻出できる可能性が高い

 
 
ただ、一律で固定の金額を取ってしまうと、お金がない中でやりくりしながらやっている人が参加できなくなったり、技術書や学習サービスのような他の教材に回すお金が無くなってしまったりという状況が生まれてきます。

 

また、こういったコミュニティでは、企画を立ち上げたり、コアに活動して頂いているメンバーが明確に分かれる傾向にあります。

 

そんな中で、情報を享受しているメンバーと、実際にコアに活動してコミュニティの価値を作り上げているメンバーが一律で同じ評価を受けるというのは、アンフェアだと思うのですよね。 そこで、

 
 

  • 誰かが提供してくれたサービスを安価に受け取るだけのフリーライダーが居ない環境を作りたい

  • 仮に今の状況が十分でなかったとしても、将来のサービスの可能性に期待を持ってくれる人に参加して欲しい

 
ということを考えた時に、これらの条件を満たす方法が、「4980円+無料枠の設定」でした。 
 
無料枠に関しては、全員が無料枠を獲得するようなことも可能な、大盤振舞な設定となっています。
 
もちろん、この形がベストだとは思っていないので、形を変えながらギルド自体を進化させて行きたいと考えています。


ギルドに入って分析人材の仲間を作ろう!



データラーニングギルドの活動

活動1

分析コンペ

データラーニングギルドの持っているデータや、実サービスを運用しているクライアントから頂いたデータを用いたデータ分析コンペを定期的に実施致します。

既存のデータ分析コンペサービスとは違い、データ分析のアプローチや問題設定の段階から取り組んで頂くので、より実務に近い、実践的なデータ分析コンペとなっています。

第一回の分析コンペでは、データラーニングギルド内slackのデータ(トーク履歴、メンション履歴、リアクション履歴、チャンネルマスタ、ユーザーマスタ)を用いてユーザーの傾向やコミュニティの傾向を分析するようなコンペを開催しました。
活動2

各種企画グループ

データ分析に関連するグループから、趣味のグループなど、各種企画グループを立ち上げたり、参加したりすることで、ギルド内メンバーと交流することができます。

例えば、以下のような企画グループが立ち上がっています。
 
  • 数学基礎論勉強会
  • 強化学習
  • ボードゲーム部
  • ml-study-jam(Google主催の機械学習の勉強会)
  • グロースハック_マーケティング(各種アクセス解析ツール、マーケティングツールの使い方から、サロンの戦略まで実践しながら学ぶグループ)
活動3

交流会

データラーニングギルドのオフ会を定期的(2019年9月30日現在では月1回)に開催しており、自由にオフ会に参加することができます。
 
毎回、以下のようなデータ分析に関するテーマ設定をして開催しています。

  • TECH×オンラインサロン(「雑食系エンジニアサロン」を運営される勝又健太さんと共同開催)
  • 初学者の学習ロードマップ
  • データ分析×フリーランス
 
その他不定期ではありますが、輪読会であったり、各種企画の打ち合わせ、ボードゲーム会などの企画を随時開催しています。
活動4

目標設定と振り返り

毎月、以下のようなスケジュールで目標設定と振り返りを実施しています。
 
  • 5日までに目標を共有
  • 毎月15日頃に中間報告
  • 月末頃に最終報告
 
目標を共有することで協力しあったり、有益な情報をシェアしあったりすることができるので、それによって目標の達成に近づけることを目指しています。

また、他のメンバーがどのようなことに興味を持っているか、どんな目標を設定して学習して行ったのか履歴で残るようになっているので、ロードマップ作成やロールモデル作成にも役立ちます。
活動5

データ分析者への質問

困ったときにはいつでも、一線で働くデータ分析人材に対して質問をすることができます。
活動1

分析コンペ

データラーニングギルドの持っているデータや、実サービスを運用しているクライアントから頂いたデータを用いたデータ分析コンペを定期的に実施致します。

既存のデータ分析コンペサービスとは違い、データ分析のアプローチや問題設定の段階から取り組んで頂くので、より実務に近い、実践的なデータ分析コンペとなっています。

第一回の分析コンペでは、データラーニングギルド内slackのデータ(トーク履歴、メンション履歴、リアクション履歴、チャンネルマスタ、ユーザーマスタ)を用いてユーザーの傾向やコミュニティの傾向を分析するようなコンペを開催しました。

イベントの様子

ギルドメンバーの声

共に学び、仕事に繋がるコミュニティ

れごんさん(@regonn_haizine)

Webプログラマからデータサイエンティストへのキャリアチェンジを考えていましたが、いざデータサイエンスを学ぼうとしてみると、孤独になりがちで、モチベーションの維持や実際に仕事で必要とされるスキルも不鮮明で何をしたらいいのか分からなく迷っていました。

このギルドに参加することで、一緒にKaggleに挑戦するチームメンバーを募集して、実際に第一線で活動している人達と作業をしていく中で、自分に足りていないポイントに気づいたり、疑問点もすぐ聞けるので解消しやすかったです。

実際にスキルが身に付くと仕事の案件がもらえ、実績を積むことも可能になるためとても助かりました。
VOICE

自然言語解析の勉強会を実施させて頂きました

北爪聖也さん
技術書典で自然言語解析について本を書いたのですが、勉強会という形でもアウトプットしたいと思っていた所に、データラーニングギルドがあり、そこで告知させて頂くと10人もすぐに集まり、実施することが出来ました。

勉強した内容がもっとも身につくのはアウトプットするときという研究結果がありますが、なかなかアウトプットをする環境を得るのが難しいかったりすると思います。

データラーニングギルドであれば、アウトプットの場を得ることが出来、結果自分の実になるかと思います。
VOICE

学習に最適な環境

澤祐斗さん
自分は非情報系の大学生でプログラミングやデータ分析を独学で学んでいましたが、学習方針への不安やモチベーションの維持に悩んでいました。

このギルドに参加して、技術的なことやキャリアのことなど質問したり、実務に近いことを行えるようになりました。これは独学で学んでいるだけでは出来なかったことで、このギルドに参加する一番のメリットだと自分は思います。

また、ギルドのメンバーによる紹介でデータ分析職の長期インターンシップも決まりました。

独学でプログラミングを学んでいた自分が、このギルドに入ってからの3ヶ月で学習速度が上がり、人脈も増え、採用にも繋がりました。もちろん自分自身の行動力と頑張りもあるでしょうが、こういった環境に身に置くことの大事さを様々な面で感じました。
VOICE

共に学び、仕事に繋がるコミュニティ

れごんさん(@regonn_haizine)

Webプログラマからデータサイエンティストへのキャリアチェンジを考えていましたが、いざデータサイエンスを学ぼうとしてみると、孤独になりがちで、モチベーションの維持や実際に仕事で必要とされるスキルも不鮮明で何をしたらいいのか分からなく迷っていました。

このギルドに参加することで、一緒にKaggleに挑戦するチームメンバーを募集して、実際に第一線で活動している人達と作業をしていく中で、自分に足りていないポイントに気づいたり、疑問点もすぐ聞けるので解消しやすかったです。

実際にスキルが身に付くと仕事の案件がもらえ、実績を積むことも可能になるためとても助かりました。
VOICE



ギルドに入って分析人材の仲間を作ろう!



データラーニングギルド設立にかける想い

「中世より近世にかけて西欧諸都市において商工業者の間で結成された各種の職業別組合。商人ギルド・手工業ギルド(同職ギルド)などに区分される。」- 出展 wikipedia

かつて中世では、それぞれの職能に関する専門家が助け合い、生存するために「ギルド」という仕組みが取られていました。その仕組みは閉鎖的過ぎたため、近代化による自由競争の流れによって消えて行きました。

ギルドの崩壊から約200年が経ちましたが、ギルドの持っている一つの側面である、「同じ職の人が寄り集まって互助をする集まり」という機能は、今まさに必要とされているのではないでしょうか?

終身雇用の仕組みは崩壊し、優秀な人から順にフリーランスになって行く社会が到来しています。会社との結びつきは弱くなる一方の社会で、「個」の力が強くなりすぎている世の中。一度職業選択に失敗すると、なかなか軌道修正もままなりません。

そんな世の中で、会社でもなく、家族でもない相互補助の仕組みが必要だと考えています。

その実現方法の一つとして、「職能」によった、相互補助の仕組みを作ることができれば、新しい挑戦者に対して門戸を広く構えることができればと思って、このコミュニティを立ち上げました。

「職能」を持った人が集まってコミュニティを形成し、知見を共有し、人を育て、リスクを共有し合うことで、専門性を高め、新しく挑戦することができる人を一人でも多く輩出できるのではないかと考えています。

このコミュニティに参加して頂いた人と一緒に、次の時代に必要な新しいコミュニティを創造して行けると嬉しいです。

データラーニングギルド代表 村上 智之

主催者のプロフィール

データ分析コンサルタント

村上 智之 
Murakami Tomoyuki

  • 大手分析コンサルティング企業にてデータサイエンティストとしてキャリアをスタートし、機械学習やデータエンジニアリングに関する基礎を習得

  • マーケティング系のスタートアップに参加しマーケティングオートメーションツールの開発、サービス企画の経験を経験

  • 分析ベンダーにて、大手製造業の分析チーム立ち上げに従事

  • 上記の経験を積んだ後に独立、2018年5月にデータラーニングを設立

  • 初学者に向けたデータ分析の教育事業とデータ分析の受託事業を展開

  • 人材社員数数万人規模、売上数千億円以上の規模企業に対する分析コンサルティングを手がける

村上インタビュー動画

ギルド入会後のステップ




ギルドに入って分析人材の仲間を作ろう!



データラーニングギルドに向いている人

  • データ分析業界に興味がある方
  • データ分析業界で働いている方
  • これからデータ分析の勉強を始める初学者の方
  • データ分析の仕事を始めて間もない初級者の方
  • データ分析業界で人脈を広げたい中級者の方
  • データ分析の業界を盛り上げたい上級者の方
  • データ分析に関わる業務をしていて、相談相手が欲しい方
  • データ分析業界の流行りや、最新業界をキャッチアップしたい人
  • 将来に悩んでいるが、どんなキャリアに進んで良いか悩んでいる方
  • 長期的な目線でキャリアアップして行きたい人
  • データ分析人材の採用活動など、データ分析人材にアプローチをしたい方
  • 社内のデータ活用を推進するために、データ分析の勉強をしたい方
  • 自分から積極的に取りに行くことができる人(受け身にならない)
  • 謙虚になり、自分の無知をさらけ出すことができる人
  • これからデータ分析の勉強を始める初学者の方
以上のようなものを持っている人を求めています。「自分のレベルでは合わないかも、、、」などと考えるかもしれませんが、実際にほぼ全くの初心者も参画していて、今現状のデータ分析のスキルについては不問です。



ギルドに入って分析人材の仲間を作ろう!



お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信